やりたいことの見つけ方【表現する方法を見つければOK】

そら

やりたいことを見つけることは、人生において重要なステップです。
しかし、やりたいことというのは、しばしば曖昧です。
どこから手を付けてよいか分からないからです。
であるなら、自分の知っていることから探し、それを表現する方法(表現方法)を見つけることです。

この表現方法さえ見つかれば、その時点でやりたいことが確定します。
表現方法で好きなことやテーマが具体的になることが分かり、今後にやるべきことが分かってくるからです。

そのためには、まず自分が知っていることから始めます。

始めは、自分の好きなことに注目し、その好きなことを表現する方法を探すことが不可欠です。
もし、好きなことがない場合は、自分の経験を基にして、これからどうするかでテーマを作ります。
テーマの場合も、作ったテーマを表現できる方法を探します。

次に、その見つかった表現する方法を通じて、社会で役に立つものを作り出していくことが求められます。
そして、その作り出すものが自分のやりたいことであると確信が得られたら、自分のやりたいことになります。

さらに、その仕事を継続していくためには、安定した生活基盤が必要です。
そのためには、ライフスタイルを確立していくことが重要です。
生活をミニマル化し、やりたいこと以外のことや自分自身に関係のないものを最小限に抑えていくことがポイントです。

心のケアも忘れてはなりません。
心がブレないように、余分なことに気を取られないようにするために、定期的なリラックスやストレス解消の時間を設けることが重要です

以上のことが人生においてのやりたいことになります。
まとめると、次の7つのポイントになります。

7つのポイント
  • 自分の好きなことに注目する。
  • 好きなことを表現する方法を見つける。
  • 好きなことがない場合は、テーマを見つける。
  • 社会で役に立つものを作り出す。又はことを成す。
  • 仕事を継続するために安定した生活基盤を築く。
  • ミニマルなライフスタイルを確立する。
  • 心のケアを怠らない。

これらは下記の6ステップを実践することで、やりたいことを見つけ、それを実現するための道筋を作ることができます。

この記事で分かること
  • やりたいこととは何か?
  • やりたいことの見つけるのに必要な、好きなことの見極めとテーマ作り。
  • 好きなこと、テーマを表現できる方法の探し方と学び方。
  • 表現したものを仕事にしていく方法。
  • やる気や行動力を引き出す方法。
  • やりたいこと中心のライフスタイルの解説。
目次

やりたいことの定義

    

「やりたいこととは、好きなことや人生のテーマというべきこと表現方法で形にしそれを世の中に役立つようにすることです」

やりたいこととは

下記3色揃ってやりたいことになります。
赤だけでも同じです。

  • 自分の好きなことを出発点に、やりたいことを見つけていきます。
    なぜなら、自分が理解していることは、継続的に取り組みやすく励みとなるからです。
    その結果、自分だけの強みや適性を見つけやすく、心の中に漠然としたイメージよりも具体的な目標に近づくことができます。
    更にそれが得意・特技と言えるものになる可能性もあります。
    これが世の中にスキルとしてもアピールできることもできます。
  • 自分の好きなことがはっきりしない場合は、「これからどうしていくか、どうしたいか」というテーマを、経験や今の状況を基にして作ります。
    これも自分が既に知っていることのため、取り組みやすいです。
  • 表現方法で形にし:実際のところ、この表現方法を見つけることが、やりたいことの始まりとなります。
    そして、この好きなことを具体的な表現方法で形にすることで、将来の方向性が自然と明確になってきます。
    表現方法で具体的になると分かれば、「何もできない」という停滞は無くなり、前進することができます。
  • 最後の、それが世の中に役立つように行動するとは、社会に価値を提供する行動や活動により、他者の役に立つ何かを創造することや、問題を解決することです。
    分かりやすくいうと職業にすることです。(職業化

下記の1つ目から6つ目はそれらをスムーズに行っていけるガイドになります。
3つ目までは、やりたいことを見つける内容です。人によってはここで十分と思うかも知れません。
4つ目以降は、やりたいこと中心のライフスタイルの確立のための内容になります。

1つ目 見極める

先に好きなことから探します。
好きなことが見つからなければ、「これからどうしていくか、どうしたいか」というテーマ作りになります。

どちらも知っていることから探し作ることなります。

1:自分の好きなことから探す

先ずは自分の好きなことを見つけることが重要

判断材料は2つです。

  • 楽しくて続いていること。
  • 自分が知っていること。

  

次に好きの「何が」好きなのかを考えます

これは個人の視点によって異なります。
同じものが好きでも、他人と同じ感覚ではないことがほとんどです。
個人の好みや興味で違いが出てくるのです。

好みを分かりやすく言うと、例えば、音楽が好きな人がいるとします。
その人が好きな音楽のジャンルやアーティストは他の人と異なるかもしれません。
それが好みや興味です。

したがって、何がどう好きなのかを詳しく見極める必要があります。

これを見極めないと、「好きでやっているけど上手くできない。それが本当に好きなのか?」という誤解を招くことがあります。
このような視野の狭さが、好きなことをやめてしまう原因になります。

野球の例で考えてみましょう。

  • 野球を「プレイする」のが好き。
  • 野球を「見る」のが好き。
  • 野球を「分析する」のが好き。
  • 野球という「文化」が好き。

このように、野球が好きで「プレイ」してみて才能が開花しなかったとしても、実際には野球を「分析する」のが特に好きだったり、「文化」が特に好きだったりするかもしれません。

このように好きなことは個人の好みや興味によって細かく分かれます。
そのため、「上手くできることが本当に好きなことだ」という考えも、物事を一つの視点でしか見ていない結果の誤解とみるべきです。
プレイが上手でなくても、他の理由で好きだったのだから、野球から離れる必要はないのです。

このように、自分の好きなことを見極めて、どの方向で進むかを特定します。
そして、特定した好きなことを表現する方法を見つけることが重要です。
次に行うことは、下記「2つ目 好きなことの表現方法を見つける」で表現方法を探します。

解釈の見極め

解釈の見極めには、下記のようなことを行ってみます。

  • 好きなことに注目する: 日常生活の中で、自分が好きなことに意識を向けます。
    そのときに感じる喜びや興奮、好奇心を観察しましょう。
    喜びや興奮を感じるものが好きなことの方向である可能性が高いです。
  • 好きなことについて話す: 友人や家族と話す中で、何について熱心に話すことが多いかを振り返ります。
    自分が熱心に話すことは、手がかりとなります。
    熱心に話す内容が好きなことの方向である可能性が高いです。
  • 好きなことについて書く: 書くことによって、何について熱心に書くことが多いか見ます。
    多くのことを書き込むことができれば、それが手がかりとなります。
    多く書き込んだことが好きなことの方向である可能性が高いです。
  • 考察してみる: 「なぜ好きなのか」、自分自身に問いかけます。
    それに関連する思考や感情を考察します。
  • 過去の経験を振り返る: 過去に楽しんだことを振り返ります。
    どのような活動や経験が自分にとって特に意義深かったかを考えます。
  • 新しいことにチャレンジする: 新しい趣味や活動に挑戦します。
    その中で好きなことがどのような反応を示すか見てみる。
    新しい経験を通じて、違った視点を発見することができます。
  • 読書:本を読んで知識があると、いろいろな視点を持つことができるので、見極めが的確になります。
    読む本は、好きなことに関係する本と、何割かはランダムです。
    世の中と一番繋がりがあるベストセラーを読むのがよいかもしれません。

  

2:テーマ作り

好きなことが見つからない場合は、「これからどうしていくか、どうしたいか」というテーマ作りになります。

テーマ作りには、探すのではなく、「作る」という意識が大切です。

テーマは、自分が知っていることや経験、現状を基にします。
その形は、社会貢献、自己成長、人間関係の構築、健康と心の安定、環境との調和、家庭と生活の質の向上、創造性の発揮、経済的成長と安定など多岐にわたります。

テーマは、自己の価値観や意義を見出すことができる活動です。
生きがいであったり、「こうしたい」「ああしたい」という欲望や、「こうありたい」という理想・信念や考えといった内面を形作る要素が関係してきます。
その結果、自分にとって何が大切かを見つけ、それを基に行動することで、満足感や達成感を得られるでしょう。

テーマを作るにあたって、以下のテーマ探しを試すと作業が短縮されるかもしれません。

テーマ探し

  • 自分について話す: 友人や家族と話すことで、新しい気付きを得ることができます。
    ただし、何でも話せる相手がいることが必要です。
  • 現状を書く・考える:考えを整理するために書き出します。
    そして、これからどうしていくか、どうしたいかを考えます。
  • 過去の経験を振り返る:過去に楽しんだことや特に意義深かった活動や経験を振り返ります。
    日記や写真、昔の物に触れて思い出すのも良い方法です。
    「あの時こうしていれば…」という後悔も、それを克服するための行動がテーマになります。
  • 読書:他の人の経験や考え方を知ることで、新しい視点が得られるかもしれません。
    上記の「解釈の見極め」と同じです。

   

テーマ例

テーマ例を挙げておきます。
しかし、実際のテーマは人の数だけあり、込み入った内容でもあり、下記のようにシンプルでないかもしれません。

  • 社会貢献:テーマは、地域社会の問題解決に取り組む。
    活動内容は、地元のボランティア活動や、地域の課題を解決するプロジェクトに関わる。
  • 自己成長:テーマは、新しいスキルや知識の習得すること。
    活動内容は、自分の経験を活かせるスキルを学び活躍すること。
  • 人間関係の構築: テーマは、新しい人とのネットワークを構築すること。
    活動内容は、社交イベントやネットワーキングイベントに参加し、新しい人と出会い、関係を築くこと。
  • 健康と心の安定:テーマは、健康管理と心身のバランスを取ること。
    活動内容は、定期的な運動や健康的な食事の取り入れ、ストレス管理の技術を学ぶ。
  •  環境保護:テーマは、持続可能なライフスタイルの実践。
    活動内容は、エコな選択を増やし、環境に優しい生活を実践する。リサイクルや再利用の習慣を身につける。
  • 家庭と生活の質の向上:テーマは、住まいの環境改善と家族の絆を深めること。
    活動内容は、家庭の整理整頓やインテリアの見直しを行い、家族と一緒に過ごす時間を増やすアクティビティを計画する。
  • 創造性の発揮:テーマは、自己表現の手段を見つけること。
    活動内容は、日記を書く、写真を撮る、ブログを始めるなど、自分の思考や感情を表現する方法を探す。
  • 経済的安定と成長:テーマは、お金に縛られない人生にする。
    活動内容は、財務計画を立て、収支を見直し、投資や貯蓄の方法を学ぶ。

テーマを作ったら、活動内容も考えます。
その後は、活動内容を実現するための表現方法を探し見つけて、実行していきます。

 

2つ目 表現方法を見つける

概要

ここでは、好きなことやテーマをどういうふうな「形」したいか考えます。
「形」を作り出すための表現方法を、職種、趣味、人間の表現方法9種のカテゴリー(下記参照)の中から探します。

ここでも、本を読んで知識があると、いろいろな視点を持つことができるので、見極め見つけるのが的確になります。
読む本は、やはり好きなことに関係する本と、何割かはランダムです。
世の中と一番繋がりがあるベストセラーを読むのがよいです。

下記が手順になります。

好きなことを表現する方法を以下の3つから順に探します。

先ずは職種から探します。
職種でなかった場合は趣味から探します。
その趣味にもなかった場合は、人間の表現方法9種のカテゴリーから探します。

Choice1:表現方法を職種から探すへ。
↓職業では見つからなかった場合。
Choice2:表現方法を趣味から探します。
↓趣味にもなかった場合。
Choice3:好きなことを最も上手に表現できる表現方法を探します。
そして、自分の好きなことと、見つけた表現方法とが合致し、「自分が納得し、疑わない、迷いがない」状態になればよいです。
自分がそのように思えればよいわけです。

見つかった後のこと

ここで、好きなこと(テーマ)の表現方法が見つかれば、停滞感を乗り越えて前進することができます。
この時点で大まかな目標も見えてくるでしょう。

その見えた時に、今後の計画を立てて実行し、その成果を検証して改善していくPDCAサイクルが重要になります。
計画を立て、とにかく実行し、検証と反省を繰り返し、改善を加えていくのです。
表現方法の習熟にもPDCAサイクルは有効です)

この過程でも、読書による知識が大いに役立ちます。
知識があると計画に無理があると判断できて修正することができます。

このように、自分の好きなことを追求する活動にシフトしていき、それを通じて人々とのつながりを深め、やりたい事中心のライフスタイルを築いてきます。

Choice1:表現方法を職種から探す

自分の好きなこと(テーマ)を具体的に表現できる職種を見つけます。
職場は二の次です。

多くの職種は役割が明確に定まっています。
そのため、やりたいことが見つけやすいと言えます。
社会が用意してくれている「やりたいこと」とも言えます。

見つかった職種が「自分が納得し、疑わない、迷いがない」であるなら、やりたいことが確定したことになるでしょう。
後は、見つけた職種で求職転職活動を開始します。

職種例

教師、警察官、自衛官、弁護士、医師、歯科医師、獣医、薬剤師、看護師、歯科衛生士、介護士、心理カウンセラー、消防士、軍人、建築家、会計士、銀行員、農業技術者、パイロット、etc

職種は数多くあります。
職業の中分類に属するのが職種になるので、調べればより多くの職種を知ることができます。

この職種から探すことは世間一般の就職転職活動と同じです。

また漠然と探すより、自分の好みや興味、様々なカテゴリーで探していくのがよいです。

カテゴリー例

探す範囲も、知人からの紹介、本、ハローワーク、求人サイトとあらゆる媒体です。

書籍では、「もっとやりたい仕事がある!/池上彰著・監修」がお薦めです。
750職種を網羅している読み応えのある本です。

それでも、調べて職種になかった場合は、Choice2:趣味から探すへ。

Choice2:表現方法を趣味から探す

表現方法を趣味から探す 自分の好きなこと(テーマ)を具体的に表現できる趣味を見つけます。
これは世の中に既に存在している「表現方法」と言えます。
しかし、実際のところは、「これは趣味であるか」という判断は難しいです。
どんなことも趣味と言えば趣味になってしまうからです。
したがって、 どんなことも、技術が確立されているものなら趣味といえるでしょう。

どれかを選択してください

A.好きなこと=趣味の場合は、下記の「趣味の職業化」に進んでください。
得意なことも好きなことならそれでよいと思います。
例として、学校で習った数学や英語、社会科学や自然科学などです。

B.自分の好きなことが趣味として存在していているかもしれません。
自分自身が知らないだけなので、自分の好きなことが表現されている趣味を探します。(下記枠内のような趣味)

C. 作ったテーマを表現できる趣味を探します。
作ったテーマに合う合わないは関係ないです。

趣味例

スポーツ観戦、サイクリング、バードウォッチング、バイク、海釣り、川釣り、登山、フラダンス、バトミントン、気功、ヨガ、太極拳、ゴルフ、ウォーキング、その他各種運動・スポーツ、囲碁、将棋、短歌、俳句、書道、茶道、写真撮影、水墨画、水彩画、カリグラフィー、イラスト、映画鑑賞、読書、料理(作る・食べる)、蕎麦打ち、利き酒、ワイン、ガーデニング、家庭菜園、ペットの飼育、アウトドア、DIY(自分で何かを作る)、皮革製品作り、彫刻、陶芸、模型(プラモデルなど)、折り紙、ジグソーパズル楽器演奏、音楽鑑賞、ビデオゲーム、映画・アニメ視聴、プログラミング、検定試験、外国語、旅行、城めぐり、神社めぐり、廃墟めぐり、ビットコイン、何かのコレクション、etc

上記以外にも趣味といえるものは数多くあります。
従って、本やサイトで調べてみてください。

見つけたら、後はその趣味を楽んでやっていくことです。

そして習熟していって、自分でも趣味を発信していきたくなった時は「趣味の職業化」に進みます。

しかし、調べても趣味になかった場合は、Choice3:表現方法を自分で探すへ。

関連記事:趣味を見つけるためのアプローチ

趣味の職業化

メジャーな趣味は、「趣味は野球です」「趣味はプラモデルです」「趣味は○○コレクションです」という感じで、
趣味の名前を言えば理解してもらえます。
これら趣味の中には、プロが存在し、職業化しているものも多いです。
したがって、上記の表現方法を職種から探すの段階で見つかる場合もあります。

しかし、「レッドオーシャン化したプロ市場や、マイナーな趣味では職業化が無理」と思ってしまって、楽しめればよいで終わる場合がほとんどでしょう。

でも、職業化が難しいなら、アプローチを変えて自分で職業化すればいいわけです。

したがって、その職業化でやりたいことが確定します。

職業化には、下記の4つのネットビジネスが始めやすいです。
趣味をコンテンツとして売るわけです。
※youtubeがよい例です。

テクノロジーの発展により、職種の多様化が進むと予想されますが、具体的な展開はまだ不透明です。
かつてはプロになるとは考えられなかった趣味もあり、その一例がEスポーツです。

ただし、Eスポーツ市場も競争が激化しており、そのレッドオーシャン化が進んでいます。
このような状況から、リサーチやマーケティングの知識やスキルがますます重要となってきます。

Choice3:表現方法を自分で探す

「好きなこと(テーマ)を表現できる職種や趣味は見つかりませんでした」
であるなら、自分の好きなこと(テーマ)を具体的に表現できる表現方法を見つけます。

まだ世の中には存在していないので「やりたいこと」を創造すると言ってよいでしょう。

STEP1 人間の表現方法9種のカテゴリーから探す

好きなこと(テーマ)を何で表現するか、下記の表現方法9種を参考にして決めます。

のカテゴリー

人間のできる表現は大まかに決まっています。
9種あり、下記に表現例を挙げてみました。

ここで大事なのは、「1つ目 見極める」で、好きなことが分かっていることです。
それにより、どのような方面(表現方法)でやっていくか探していきます。

人間の表現方法9種

身体で表現、行動で表現、対話・指導・奉仕・世話で表現、飲食物で表現、音(楽器・声=言語)で表現 、映像表現、物づくり、静止画表現、記述言語

計9種

この中の身体、行動、対話・指導・奉仕・世話は、具体的な形にならないので難易度が高めです。
趣味として形で残すなら、音、映像、物づくり、静止画、記述言語がやりやすいです。
また、飲食物で好きなことの表現はほとんどできません。

そして、選んだ表現方法で形にしていく方法を確立して、作品を作っていくわけです。

この表現方法で形にしていく方法は、巷にある流派と思ってください。
世の中に既にある様々な趣味は○○流です。 
(例として、表現方法としてのスポーツ:サッカー流、野球流、水泳流となります)
そして、表現方法から始める自分独自のこの趣味は、自己流になります。

表現方法の探し方
  • 下の表の表現例を参考にして表現方法を探してください。
    表現例を見て「自分はこの表現方法で好きなこと(テーマ)を表現していく」と決めればよいです。
  • 選択する時は「自分の好みや興味を反映している方法」にしてください。
  • これで良いという判断基準は、「自分が納得し、疑わない、迷いがない」と感じるかです。
    何の迷いもなく、シンプルにそのように感じればよいです。
    なぜなら、やる気を保ち続けること一番大切だからです。
  • 下記表だけでは見つけられない場合は、探す範囲をネットにまで広げてください。
    この時に、「人の表現方法は何か」を考えて探してみてください。
  • テクノロジーの進化は、新しい表現方法を生み出し、個々の興味や好みをより豊かに表現する機会を拡大するでしょう。新しい分野に注目し、個々の興味や好みに合った表現方法を見つけることも大切です。
    • 例えば、スマートフォンの普及によって社会は大きく変化しました。
      今後、VRなどの技術がさらにポータブルになり表現の仕方が大きく変わる可能性もあります。
    • 現にAIのような、プログラムやアルゴリズムによって生成される映像は、人間が直接的に関与することなく生成される静止画や映像です。
      (プログラムやアルゴリズムは人間が設計。そのため人側からみると記述言語で表現になるかもしれないです)
表現方法
  1. 身体で表現方法例
    身体言語(ボディーランゲージ、立ち振る舞い)、手話、スポーツ運動法、武術(武道含む)、ボディメイクダンス(舞踏、舞踊、バレエ、ブレイクダンスなど)、曲芸(軽業、手品など)、モデル演技身体装飾(ピアスやタトゥー)髪型(ヘアースタイル)、etc
  2. 行動で表現|方法例
    読書、算盤、冒険、旅行運転操作鑑賞観察、物を集める・保管(コレクション)、財務活動、瞑想ボードゲーム・マインドスポーツ(思考で競い合う競技の事です。囲碁、将棋など)、eスポーツファッション(服装や身だしなみ)、マナー仮装スタイル(生き方)スタイル(外見)、etc
  3. 対話・指導・奉仕・世話で表現(人とのコミュニケーション、人を助ける、人に教える)|方法例
    教育、医療、コーチング、カウンセリングやセラピー、治安維持、園芸、飼育、ボランティア活動社会活動、メンターシップ、ソーシャルワーカー、志願者プログラム、職業訓練
  4. 飲食物で表現|方法例
    料理(家庭、伝統、創作、精進、健康、飲料、嗜好品)
  5. 音で表現(楽器・声=言語)|方法例
    楽器演奏、歌唱(歌を歌う行為やその能力)、歌声(声の質や音色)、口笛、会話、スピーチ、外国語、吹き替え、アニメの声(声演技)、ナレーション、口承文学(語り部)、各音楽ジャンル(クラシック、ロック、ジャズなど)、etc
  6. 映像で表現|方法例
    映画、ドラマ、アニメーション(2D、3D、クレイ[PCツールを使用したCG制作含む])、ドキュメンタリー、記録映像、etc
  7. 物体で表現物づくり方法例
    工芸品、工業製品、人形、模型、構造物、衣類、アクセサリー、カスタム、改造3Dプリントオブジェクト、etc
  8. 静止画で表現(絵・画)|方法例
    絵画、イラスト、タイポグラフィー、グラフィック、写真、版画、漫画、書道、etc
  9. 記述言語で表現方法例
    数式、外国語、論文、速記、点字、コンピュータのプログラム(ソースコード+アルゴリズム)、アルゴリズム(問題解決の手順や計算方法)、各種説明(マニュアルや仕様書、レシピなど)、各種解説書(学術的な解説書、専門書、技術解説書)、情報提供・報告の文書(記事、レポート)、評価・批評の文書(レビュー)、個人的な記録(メモ、日記、ジャーナル)、文学作品(小説、物語、詩、歌詞)、意見や体験を綴った文書(ブログ記事、エッセイ)、口承文学(記述言語としての語り部)、etc

    ※記述言語の表現媒体は、主に紙、PC・タブレット・スマホ、黒板などです。
上の表の使い方
  • 1.「身体で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を今までにない身体を使った方法で表現することを考えます。
    これは、まったく新しい運動法やスポーツ・健康法を考案したりすることです。
    又は、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなことの表現方法にしていきます。
  • 2.「行動で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、新しい行動することを考えます。
    又は、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなこと(テーマ)の表現方法にします。
    「好きなこと(テーマ)のコレクションをする」というように取り組んでいきます。
    例えば、昭和時代が好き⇒昭和物のコレクションです。
  • 3.「対話・指導・奉仕・世話で表現」にした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を新しい対話・指導・奉仕・世話の形で表現していきます。
    又は、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなことの表現方法にします。
    好きなことのコーチをやるとかです。動物が好きなら動物の飼育などです。
  • 4.「飲食物で表現」にした場合:飲食物は一番融通が利かない表現の方法です。
    理由は、飲食物は他の表現方法と比べて、表現の幅が狭く、好きなこと(テーマ)を完全に表現されない可能性があるからです。
    食べ物や飲み物は主に味覚や嗜好に関連するものであり、他の表現の方法(文字や写真など)と比較して、その情報量や意味が制限されることがあります。
    そのため、飲食物は好きなこと(テーマ)の表現にはあまり適していないと言えます。
  • 5.「音で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を新しい音楽や音響で表現する方法を考えます。
    または、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなこと(テーマ)の表現方法に取り入れます。
    例えば、好きなこと(テーマ)を楽器や歌詞や歌声によるメッセージで表現していくことになります。
    しかし、「音で表現」は音楽や楽器も好き前提でないと難しい表現方法です。
  • 6.「映像で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を新しい映像で表現する方法を考えます。
    または、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなことの表現方法に取り入れます。
    例えば、好きなことを映画や動画に残す形で表現します。
    かなり融通の利く表現です。
    自然の景色を見るのが好きで、ドキュメンタリーや記録映像にするといった感じです。
  • 7.「物体で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を物体で具体的に表現することを考えます。
    「好きなこと(テーマ)を形にする」というように、取り組んでいきます。
    または、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなこと(テーマ)の表現方法に取り入れます。
    これも「好きなことを形にする」というように、取り組んでいきます。
    物づくりなので融通が利く表現方法です。
  • 8.「静止画で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を今までにない静止画で表現することを考えます。
    または、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなこと(テーマ)の表現方法に取り入れます。
    「好きなこと(テーマ)を写真にする」という形で表現することができます。
    廃墟を見るのが好きで、その写真を撮るといった感じになります。
    これも融通が利く表現方法です。
  • 9.「記述言語で表現」で好きなこと(テーマ)を表現するとした場合:
    方法例を参考にして、好きなこと(テーマ)を記述言語で具体的に表現する方法を考えます。
    または、方法例の中から良いと思った方法を自分の好きなこと(テーマ)の表現方法に取り入れます。

    「好きなこと(テーマ)を物語にする」「好きなこと(テーマ)を数式にする」「好きなこと(テーマ)を記事にする」「考察することが好きで表現方法が記事やレポート、ブログ記事」といった形で表現します。
    なかなか、他者に伝えにくい好きなこと(テーマ)を記述言語という形にできます。
    一番融通が利き、応用範囲が広い表現方法です。

   

表現方法が見つかった・見つからない場合

表現方法が見つかった場合

下記のSTEP2 表現方法の習熟に進んでください。

表現方法を見つけることができなかった場合

そのような場合は、下記に進みます。

  1. 行動で表現する:なかなか見つからない場合は、人間の表現方法9種の中の「行動で表現」を実践していくのがよいです。
    先ずは好きなこと(テーマ)の「観察」です。
    他にも「読書」をする、「瞑想」する、「鑑賞」する、「ライフスタイル」を変えるなどです。

    これらによって、「内面に表現された感情や思考を具体化していく」というアプローチです。
    内面に表現された感情や思考を他の表現方法で表現できるかもしれません。
    また、今までとは違う視点を獲得することによって、自分の表現方法が職種・趣味からも見つかるかもしれません。
    これは、時間がかかるかもしれませんが、納得できる答えが出せる可能性があります。
  2. 方向転換する:好きなことやテーマの表現方法を模索するのをやめ、別のアプローチでやりたいこと探しに決着をつけます。
    自身の視点を変えることで、やりたいこと問題を終わらせます。

   

STEP2 表現方法の習熟

基本はこの3つです。

  • 習熟にはスモールステップが有効です。
  • スケジュールを組んで実行していく場合は、PDCAを活用するのが良いです。
  • 学習方法も考えておくべきです。

    

スモールステップ

自身の好きなこと(テーマ)を適切に表現できるために、その表現方法を習得することは重要です。
ただし、最初の段階では、他人に適切に表現を伝えるのは難しいこともあるでしょう。

そのような場合は、やりたいことが難しいだけであると捉えることができます。

解決方法の一つとして、スモールステップ(下記4つ目参照)を取り入れて段階的に取り組むことが、
よいかもしれません。
それによりスキルを向上させ、他人に適切に伝えられるようになることを目指しましょう。

学習方法

表現方法や下記の職業化に必要な知識の習得は、読書を中心に独学でやっていきます。
しかし、学び方は独学だけではありません。
他の方法も知っておくことで、今後やっていくことに柔軟性をもたせます。

学習方法は、独学の他に目的に沿った学習環境に身を置いて学ぶ通学師事があります。
もう一つは、特定のことを学ぶ学習活動です。
どれも有効であり、状況に応じて使い分けることが重要です。

学習方法や学習活動の教育手法は、講義、ディスカッション、実習、オンライン学習などがあります。
これらは通学や師事、学習活動などの状況や学習の目的に応じて選択されます。
また、問題解決法や協同学習など、さまざまな教育手法も存在し、状況や学習の目的に応じて選択されます。

  • 学習活動
    形として、研修、トレーニング、ワークショップ、セミナー、講習会があります。
    特定のスキルや知識の獲得を目的とします。
    どれも特徴があり、必要によって使い分けるのがよいと思います。
    独学者が必要なスキルや知識を効果的に獲得する手段です。
  • 独学
    独学は、個人が自分自身で学び、教師や指導者の指導を受けずに知識やスキルを獲得する学習方法になります。
    書籍やネットを活用します。

    メリット:自由である。直ぐに始められます。この二点です。

    デメリット:自分で学習計画を立てるなど、何でも一人でやらなければならないことです。
    最大のデメリットは、自分の盲点に気付かないことです。
    そのため、この先「どうしていいか分からなくなる」ということが起きます。
    いわゆる壁です。
    独学はこれが起きやすいです。

    解決策:壁を乗り越えるための行動。
    読書による知識や独学の経験によって起こる「気付き」よって、
    独学の壁を越えていくことです。
    そういった日頃の習慣が壁を越えさせることになります。
    しかし、限界もあり、場合によっては、通学や師事してもらうという選択もあります。
    ※気付きとは、新しい視点やものの見方のことです。
  • 通学(教育/集団学習)
    通学は、学校や大学などの教育機関で行われる学習方法を指します。
    学生は定期的に教室に通い、教師から授業を受けることで知識やスキルを獲得します。

    メリット:広範囲に学べる。効率的な教育カリキュラムがある。
    さらに教師や指導者の中から、師と呼べる人物に出会える可能性もあります。

    デメリット:結局は独学な面もある。
    とはいえ、壁にあたっても相談者が周りにいる。
    何でも一人でやる独学とは違い環境は本当に良いです。
    自分のリソースを拡張した世界といってよいかもしれません。
  • 師事
    先達者である師に付いて、個別指導や助言により壁から引き上げてもらう。
    通学とは違い1対1です。

    メリット:先達者(師)は、自分より先にある到達点に達している。
    (学ぶ人のモデルになる。)
    先達者は遥か上の到達点に達しているから、そこまでにどうすればいいかシュミレートできる。
    そのシュミレートしたものを弟子(教え子)に当てはめて指導してくれる。

    デメリット:教え教えられるという1対1の関係になるので、人間関係が大切になります。
    合う合わないがあるかもしれないです。

  

STEP3 表現方法を見つけた後の職業化

好きなことの表現方法は習熟レベルでAとBに分かれます。
AとBの両方に共通して最も適している職業化は、4つのネットビジネスでしょう。
この職業化でやりたい事が確定します。
後は挑戦していくだけです。

  • A.自分の好きなこと(テーマ)・興味を持っていることが他人に適切に伝える形にできるようになった。
    次は、他人に適切に伝える形になったものことを世の中に受け入れられるように仕事をすることです。
    この過程が職業化になります。
    今までにない新しい職種を作るという感覚かもしれません。

    例えると、「考察することが好きで表現方法が記事やレポート、ブログ記事」の場合なら、作家や一流ライターでしょう。
  • B.しかし、他人に適切に伝える形になっていない場合もあるでしょう。
    そのような場合は、やりたいこと中心のライフスタイルを維持しながら、今まで培ったスキルによって仕事をして収入を得ることにします。
    今できることによる職業化です。

    上記の例の「考察することが好きで表現方法が記事やレポート、ブログ記事」の場合なら、

    「私の表現方法は、記事やレポート、ブログ記事です。
    しかし、まだ、好きなこと(テーマ)を上手く表現できません。
    でも、ライティングが得意になり、そのスキルを活かして、ブログ記事関係のライターをしていきます」

    このように仕事内容もやりたいことの関係するので心情的にもよいです。
    表現能力も磨かれます。
    それにやりたいことに何か良い影響を与えることになるかもしれません。

 

3つ目 職業化

最初は人が直接関わる仕事は大変です。
やりやすい方法から始めましょう。
一番の候補は一個人で可能なネットビジネスです。

4つのネットビジネスモデル

ネットビジネスは個人でも始められる最速最短の仕事です。

※下記の4つのネットビジネスモデルは、ネット上でのビジネス活動の基本的な収益モデルです。

実際のビジネスはこれらのモデルを組み合わせたり、カスタマイズしたりして様々なバリエーションが存在します。

留意してください。
その例として、オンラインマガジン・メールマガジン・ネット出版のことを下の方に書いておきます。
(この3つも個人でやりやすい職業化です)

ECモデル(電子商取引)

物販プラットホームを活用して報酬を得る。

単店舗型:自分でECサイトを構築する。独自の機能とシステムとカスタマイズが可能。

ASPサービス型
自分がECサイトを構築するのに支援してもらえる。機能とシステムはサービス会社によって違う。カラーミーショップ、Shopifyなどです。

モール型
ネット版ショッピングモール
集客に期待できる。運営をサポートしてくれる。

アマゾン(出品するタイプ)
楽天市場やYahoo!ショッピング(出店するタイプ)。

これらのタイプの内、自分が提供するものに合う型にすればよいと思います。

広告モデル

自分のコンテンツにアフィリエイト広告やバナー広告・動画内広告を貼り付けて報酬を得る自身のコンテンツ
→自分のブログ、YouTubeチャンネル、SNSです。メールマガジン・オンラインマガジンやニュースサイトもこのモデルになります。

課金モデル

自分の提供するコンテンツ(好きなこと・テーマ)に課金してもらい報酬を得る。 

オンラインサロン
自分が月額会員制のコミュニティのサロンオーナーになって、会員にコンテンツを提供する。

スーパーチャット
youtubeなどの動画に投げ銭してもらう。

ゲーム
やりたいことがゲーム制作関係の場合です。

仲介モデル

仲介してくれるプラットフォームを活用し、ユーザーにサービスや商品を提供して、収益を得る。

フリーマーケット 
メルカリ、ラクマ、ヤフオク(オークション形式のフリーマーケット)など。
好きなこと(テーマ)で作った物を売るという方法があります。

クラウドファンディングサービス
起案者が自分のアイデアやプロジェクトの資金を調達するためのサービスです。
支援者からの寄付や購入、ふるさと納税などの方法で資金を集めます。

基本的には返済義務はなく、資金提供者は報酬やリターンを受け取ることができます。
好きなこと(テーマ)の事業化に向いています。

仕事依頼サービス
自分が得意とするスキルや知識を活かして、自由な時間や場所で仕事を受注することができます。

例えば、ウェブデザインやライティング、翻訳、プログラミングなどのスキルを持っている場合、それを活かしてクライアントからの仕事依頼を受けることができます。

スキル販売型サービス
自分の持っているスキルを活かして、オンライン上で仕事を受注することができるサービスです。
自分で価格を設定して、自分ができる範囲内で仕事を受けることができます。

自分が好きな分野で仕事をすることができるため、やりがいを感じながら働くことができます。
営業やマーケティングも自らやることになるので、自己責任で仕事を受注する必要があります。

オンライン学習サービス
自分が得意な分野や知識を生かして、オンライン上で学習コンテンツを提供することができます。
テキストや動画、オーディオなどの形式で学習コンテンツを作成し、オンライン上で販売することができます。
(受講者は、それを学びます)

そして、サービスをどのようにアピールするのかが収益アップに繋がります。
この自分が得意な分野や知識とは、好きな事・興味を持っていることになります。

上記4モデルを使用しての例

1.趣味の動画作成で培ったスキル。仲介モデルのスキル販売型サービスで仕事をする。

2.○○のコレクターで目利きには自信がある。まずは仲介モデルのフリーマーケットで開業してみる。

オンラインマガジン・メールマガジン・ネット出版

ネット出版
課金モデルに分類され、読者がコンテンツを購入する。
購入するところは、Amazon・楽天ブックス・noteなどがあります。

そのため、ECモデルでもあります。広告や広告付きの無料コンテンツもあり、この場合は、広告モデルといえます。

オンラインマガジン・メールマガジン
ネット出版と似ていて、課金モデルであり、広告モデルの面もあります。
違いは、仲介モデルの要素があることです。
これは、プラットフォームや配信サービスを介してコンテンツを提供することです。(オンライン学習サービス)

ネット以外

上記以外にも下記のような制度を見て参考にします。

参考事業再構築補助金の内容を見てみる。(22年11月現在)
れを見てインスピレーションを得る。

4つ目 やる気や行動力を引き出す

やりたいことをやっていくと、最初にあったやる気が無くなって、やる気や行動力も無くなっていくことがあります。

こういった心のブレは「上手にいっている人」や「なんか気になる」といった雑事など、いろいろな外部の刺激で、自分の心に迷いが出てくるからです。

これらの状況において、「やる気や行動力を起こしてくれる」といった自分を導く手助けが必要とされることがあります。
やる気や行動力が発揮される場合は3パターンがあります。
大事パターン(非常時)、他力パターン(平常時)、習慣パターン(平常時)の3つです。

ここでは3パターンを参考にした、やる気や行動力を引き出す方法を紹介します。
その中で、やる気や行動力を引き出す心理状態である「自分が納得し、疑わない、迷いがない」とは何か?
その反対の行動力が無くなる原因の心のブレや、心のブレにも関連してくるリラックスの方法を解説します。

やる気や行動力の起こし方

3パターンを基に「やる気や行動力を起こす方法」を解説します。
通常は習慣パターンを中心に進めます。
自分では難しいと感じた時には他力パターンに切り替えます。

大事パターン(非常時)

病気や怪我、事故、災害などの突然の出来事に直面したとき、私たちは新しい現実に直面し、これまでとは異なる人生の道を歩むことになります。
望んでいない状況でも、この変化をきっかけに新しい発見や気付きが生まれ、これがやる気や行動力へとつながっていきます。

この非常時に現れる、このようなやる気や行動力を指して、「大事な局面」と呼びます。
そのため大事な局面は、非常事態が発生した際にのみ明らかになります。

そして人は、この大事な局面を得るために、仮想的な非常時に挑戦します。
これを「冒険」とも言い、時には本当の大事になってしまうリスクが伴います。

他力パターン

他者との交流や、自分より先に目標に到達しているグループや個人に師事することで、新しい刺激やエネルギーを受け取り、自身のやる気や行動力を引き出します。

他者に引っ張ってもらうことで、自分の可能性を広げ、成長することが期待できます。

やる気や行動力を高める方法は、自分よりも先に進んでいる人々(先達者)に学び、そのサポートを受けることです。この方法は非常に即効性が高いです。

具体的な手段としては、コーチングを受けたり、サロンに参加することが挙げられます。
また、上記の「STEP2表現方法の習熟」の通学・師事や学習活動の環境で学ぶことも手助けになるかもしれません。

習慣パターン

下記4つ目で説明する「スモールステップや」と「IF-THEN プランニング」の手法を活用し、習慣の力でやりたいことを進めていきます。
この手法より、少しずつ知識や成果を積み重ねて、自己肯定感を高め、やる気や行動力を引き出します。

この方法は地道でありながら、誰でも取り組むことができ、着実に前進することが期待できます。
手始めに読書がよいと思います。

それは、読書による知識によって内省が促され、今までとは違う視点を獲得し、新たな気付きを得ることができるからです。
そして、その気付いた自分が今までの自分を導いて、やる気や行動力起こしていくわけです。
他力パターンのように、自分を導いてくれるような先達者との出会いは稀です。
出会いがないのなら、今できる読書です。

また、それに読書によって心が落ち着き、心のブレや迷いが減少する可能性もあります。
このような「自分が納得し、疑わない、迷いがない」という状態は、更にやる気や行動力起こしてくれる可能性があります。

下記は、より詳しい読書のススメです。

やる気や行動力を起こすための方法のポイント

以下は、上記をそれぞれのポイントを簡潔にまとめた形になります。

  • 他者の経験から学ぶ: 成功者の経験や知識を学び、コーチングやサロンでアドバイスを受けることで、自分のスキルや視点を向上させます。
  • 自身の環境: 同じ志を持つ仲間との交流や共通の目標を追求する環境で学ぶことで、モチベーションを維持しやすくなります。
  • 読書による知識獲得: 良書から得られる知識は新たな視点を提供し、自分の考え方や行動に影響を与えます。
  • 内省と気付き: 得られた知識で内省します。
    自分の価値観や目標と照らし合わせることで、新たな気付きが生まれます。

   

自分が納得し疑わない迷いがない

これは、自分の感情、思考、信念、価値観などに深く関わりがあり、これらは知識や経験に基づいて形成される結果です。
この状態では、知識や経験から得た納得感や自信が自らを導く力となり、やる気や行動力を引き出します。
下記のように思えればよいわけです。

  • やりがいがある。
  • 好きであると、より確信できる。
  • 自分に良いこと、楽しいこと、ワクワクすること、生きがいであり、自分にプラスに感じる。
  • 「自分はこれがやりたかったのか」と感じる。
  • 先駆者になれる。
  • 自分にとって意味のあることだと思える。
  • 人生で挫折した事がチャラになるくらいの満足感が得られる。
  • コンプレックスが解消される。
  • 「自分の人生の目的は何なのか」の答えが出ると期待できる。
  • やっておいて良かったと想像できる。

  

心のブレ

「自分が納得し、疑わない、迷いがない」という状態の反対が心のブレです。
このブレる要素は世の中と関わっている以上そこら中にあります。

対策としては2つあります。

一つは、ブレ要素のある物事に、わざわざ近付かないことです。
違和感を感じた時は避けたほうが無難です。

先ずは「ブレを感じた時は見ない・読まない・聞かない・言わない」を守り、

個人でできるブレを排除する5つの行動を行っていきます。
誰にでもでき、護心術といえなくもないです。

二つ目は、ブレないたために世界観をつくることです。

ブレを排除する5つの行動

好奇心や怖いもの見たさ

ブレる切っ掛けになるものに雑誌やネットの記事や動画があります。
本もそうです。

それらが、やりたいこととは関係なく、自分をブレさせる内容と明らかに分かるのに、
好奇心や怖いもの見たさで触れようとすることがあります。
こういう行動はやめていきます。

最も身近なものはYouTubeの動画です。嫌いというのに気になって見てしまうことです。
嫌いという関心事なので見てしまうのは、仕方がないです。

しかし、やることがあるのにそのようなことにかまけていると、「あっ」という間に時間が過ぎてしまいます。
同じ「あっ」という間のなら、やりたいことでの時間の方が断然良いです。

人でブレを感じた時

人でブレを感じた時は距離を置きましょう。
この「ブレ」は、好き嫌いという単純な問題ではなく、何とも言えない気持ち悪さのことです。
説明できない「何か」を感じることがあります。

その違和感は、相手のコミュニケーションスタイルや態度によるものかもしれません。
このように、好きか嫌いかですら判断できない人との接触は面倒に感じることが多いです。

しかし、現実はそう簡単ではありません。
このような面倒な人と関わらなければならない状況も少なくありません。

したがって、難しいですが、上手く対応することが人間関係を円滑に保つために重要です。
どうしても関わらなければならない場合は、感情を排除し、事務的に接するのが最善の方法でしょう。

一番関わりたくないコミュニケーションスタイルがガスライティングという技法を使ったスタイルです。
ガスライティングは、相手を操作し、自分の立場を利するために情報や現実を歪める心理的な操作技法です。
被害者は自己の正当性を疑い、自己の現実感覚を失いがちになります。
もし、この被害者が自分だった場合は、ことあるごとに、心がブレることになります。
また、ネットには、ガスライティングで読者・視聴者を黙らせようと仕向ける情報やメディアがあります。

余計な一言

余計なことを人に言わない。

  • その1:特に相手にブレを感じる人に対して一言を発する際には、注意が必要です。
    相手から気分を害するような一言を返されるかもしれません。
    それにより、自分の気持ちが揺らいでしまうことも考えられます。

    仮に言い争いに勝ったとしても、その時に言われた余計な一言が頭にこびりつき、中々忘れられない可能性があります。
    また、それを思い出すたびに怒りが再燃し、次第に自分が萎んでいくこともあるでしょう。

    そして、無駄に時間だけが過ぎてしまいます。相手はその一言に対して何とも思っていないことが多いです。したがって、余計な一言は控えましょう。
  • その2:もう一つ厄介な存在がドリームキラーです。
    ドリームキラーとは、他人の夢や目標を妨害する人のことを指します。
    このような人物に関わると、やりたいことが進まなくなります。
    したがって、余計な一言を言わないことで、このような人物を避けることが重要です。

※「ドリームキラー」という言葉は、他人の夢や目標を妨害する人を意味します。彼らは批判的な発言や行動で、希望を持つ人々の意欲を削ぐことがあります。
ドリームキラーは、ポジティブな人に対しても懐疑的な態度を取るため、非常に厄介です。
このポジティブな人とは、夢や目標があっても、あえて明かしていない人で、その影響でポジティブな雰囲気が出ている人を指します。

また、善意からアドバイスしてくるドリームキラーも存在します。
こうした複雑な存在ですが、対処法は同じです。
自分の夢や目標を明かさず、余計なことを言わないようにすることです。

さらに、ドリームキラーと関わることで、自分もネガティブな状態になり、自分自身を否定してしまうことがあります。
結果として、自分自身がドリームキラーになり、自己評価を下げてしまいます。
そうならないためにも、ブレない自分を構築し、ドリームキラーを軽くあしらえるようになることが重要です。

成功や結果

成功や結果ばかりを気にしていると現実とのギャップでブレてしまう可能性があります。
「才能がない」「これは自分に向いていない」と言ったネガティブ思考になると切りがありません。

成功や結果のことも、あまり深く考えないなど、適切な距離を保ちましょう。
適切な距離を保ちたかった場合は、やりたいことをやっていくだけです。

一番の方法は、目の前の今やることを実行するだけです。
手を止めない・歩みを止めないことです。
行動していれば、成功や結果を考える暇をあたえないということです。

習慣にしていることを淡々にこなすだけです。

流行りもの

世の中には流行りものが多く、やってみたいと思ってしまいます。
でも、それは時間の浪費だけでもなく、余計なことを考えることでもあります。

したがって、やりたいこと中心で物事を考えることで、必要ないと判断することです。
一歩立ち止まって考えるになります。

どうしても気になるなら体験サービスを利用するのも方法です。
それによって、モヤモヤを解消すればよいわけです。

ブレないための世界観づくり

ブレないたために必要なのは、世の中を迷うことなく進めるような羅針盤となる世界観が必要になってきます。

それは、5年後10年後又はそれ以上先が予想できそうと思える世界観を持つことです。
その世界観とは知識であり、いろいろな視点・広い視野・高い視座です。

世界観は読書で作る

そして、その世界観作りにはやはり読書でしょう。

世界観の活用

構築した世界観と自分の今現在を見て、自分のやりたいことの舵をとっていきます。
これも知識となって世界観を作ることになります。
そうして、自分自身で選択して進んでいくことが、右往左往するのを防止します。

リラックス

「思い出し怒り」といった過去に起きたことへの怒りや、身体的なムカムカにどう対処するかも重要です。
こうした状態になると集中できなくなり、やる気がなくなることもあります。
そのため、リラックスして心を落ち着かせ、身体を緩める必要があります。

では、有効なリラックス方法はないのでしょうか。
巷には多くのリラックス法がありますが、自分に合った方法を探るための手始めとして、誰にでもできるスワイショウと呼吸法を解説します。
他には、食事に気を使うことや、「余分な考えは捨てる」といった考えを持つことも効果的です。

スワイショウ

腕を振るだけのスワイショウはお勧めです。前後に振る型や、左右にひねる型など複数あります。
この簡単な運動は、場所や周りの人を気にしなければ、強張った上半身を緩めるのに有効です。
下半身にも効果があり、体幹の安定感を感じます。方法は非常に簡単です。

行うスワイショウは、一番シンプルな「前後に振る型」になります。具体的な方法は以下の通りです。

  1. 視線を2~3メートル先に落とします。
  2. 肩幅ほどに足を広げて立ち、両足を平行にし、背筋を軽く伸ばします。
  3. 腕から手首の力を抜いて、手を胸の高さまで振り上げます。(へその高さでもよいです)
  4. そのまま重力に任せて後ろへ振りぬきます。自然な勢いも使い、前に振りあげます。
  5. 膝の曲げ具合でリズムや負荷を調整しながら、繰り返します。
  6. 呼吸は自然に行い、手を前に振る時に息を吸い、後ろに振る時に息を吐きます。

このシンプルな運動を日常に取り入れることで、リラックス効果を感じられるでしょう。

呼吸法

呼吸法のメリットは、準備が不要でいつでもできることです。
実践的で、怒っている最中でも呼吸を整えることができます。
呼吸法にはさまざまな種類がありますが、高度な方法は指導者がいないと難しいです。
しかし、誰でも普通にやっているのが呼吸です。

簡単に始められる呼吸法として、「数える呼吸法」をお勧めします。
これは、呼吸を一回するごとに1を数える方法です。

具体的には、息を吸って吐くたびに1を加算し、呼吸の回数を黙算します。
「無理のない深呼吸+数を数える」ことで、体と頭を使い、気持ちを落ち着かせる効果があります。

方法

この方法は普通の深呼吸です。

  1. まず、普段通りに吐きます。
    肺に残っている空気をゆっくりと出します。
    無理をせずに行いましょう。
  2. 吐き出したところで、同じく普段通りの呼吸で、吸う3秒・吐く3秒を目安にして、吸うと吐くを一回として「1」と頭の中で数えます。
  3. 吸うと吐くのたびに、1を加算していきます。
    10回吸う吐くを繰り返すと、「10」となります。

50回くらいを目安にして始めるのがよいかもしれません。
10回くらいで怒りの原因を忘れてしまうことがあります。
そして、忘れたことに気が付いて、怒りの原因をまた思い出しても、心が落ち着いた感じになっている場合があります。

呼吸は鼻か口か

自然なリズムで呼吸を行います。
最初にまず無理がないくらいに口から吐き出します。
吸う時は鼻で行い、吐く時は口で行う鼻口呼吸です。
呼気を口で行うのは効率的に排出されるためです。

しかし、呼気吸気を鼻で行う、鼻呼吸が理想といえます。
なぜなら、鼻口呼吸は口内が乾燥してしまうからです。
口の乾燥は喉も乾燥させ感染症にかかりやすいとも言われています。

鼻口呼吸は最初の頃や、特定の運動や状況(運動中や緊張しているときなど)の呼吸という認識のほうがよいかもしれません。
したがって無理がないのなら最初から鼻呼吸です。

吸う吐く秒数について

吸うと吐くの各3秒が目安ですが、個人差があります。
各6秒程度の人もいますし、リラックスしていくと3秒が4秒や5秒に延びることもあります。
ただし、吸うと吐くの間の秒数は自然なままで大丈夫です。
判断基準は、息苦しくないことです。

胸式か腹式か

普段の呼吸から始めるため、胸式か腹式かにこだわる必要はありません。
普通にやっている呼吸なので、ベットで横になった姿勢や、姿勢を正していない状態でも実践できます。
無理に特定の呼吸法にこだわることなく、楽な呼吸を心がけましょう。
自然に腹式呼吸に移行できる場合は問題ありません。

方式の考え方

呼吸は身体の自然な機能であり、無理に操作することは避けるべきです。
怪我や不調を防ぐためにも、呼吸法を段階的に学ぶことが重要です。

胸式、腹式、逆腹式、腹胸式など、さまざまな呼吸法があります。
最初は特定の方法にこだわるよりも、自然な呼吸に意識を向けることが無難です。

自律神経訓練法(呼吸段階まで)

数える呼吸法を行いやすくします。
呼吸を意識すると、息苦しく感じるのをなくすのに効果があります。

あと、力を抜く感じが分かります。
これはリラックスした状態を自動的に作り出せるようになる方法でもあります。

スワイショウと併用

スワイショウと併用すると効果的です。
腕を一振りして一呼吸する時に、1を加算していくという方法です。
加算していくリズムはやっていく内につかむとよいと思います

他のリラックス法

お香やアロマを使用する方法や音楽を聴くことも有効です。
さらに、散歩や温泉などのリラクゼーション施設の利用や旅行なども有効です。

これらは時間のあるときに実践すると効果的です。
また、適度な運動や規則正しい生活を送ることもリラックスしやすい状態を作りやすくするかもしれません。

食事法

怒りやすくなる食品があるなら、摂取は控えたいところです。
以下の食品は、世間一般でも摂り過ぎに注意されている物です。

  • カフェイン: 神経を刺激し、興奮状態を引き起こすことがあります。
  • 高糖質の食品: 血糖値が急上昇し、その後急降下することで気分が不安定になることがあります。
  • アルコール: 一時的にリラックス効果がありますが、後で感情のコントロールが難しくなることがあります。
  • 食品添加物: 一部の添加物は、体調や気分に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 高脂肪の食品: 消化に時間がかかり、エネルギーレベルや気分に影響を与えることがあります。
  • 食塩分の過剰摂取: 高血圧や体のむくみを引き起こし、ストレスの原因になることがあります。

特に血糖値が急上昇する甘いものは控えたほうがよいかもしれません。
これらの食品を避けることで、感情の安定を保ちやすくなる可能性があります。

余分な考えは捨てる

怒りやイライラの根本的な原因が分からない場合、そのことについて考え続けるのは得策ではありません。

たとえば、「自分が悪いのか」という考えは、実際には根拠がない場合があります。
そのような考えは無駄な時間を過ごすことになりますし、さらなる怒りを引き起こす可能性があります。
「あんな奴の一言で自分を変えないといけないの」というような、更なる怒りにつながることです。

ですから、原因を考えることはやめて、すぐに忘れる方が賢明です。

5つ目 4大テクニックと内省

   

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

ウィリアム・ジェームズ(William James)/アメリカ合衆国の哲学者、心理学者

「やりたいことなんだから自然にやるでしょう」と言うかもしれません。
しかし、時にできない心理状態の時もあるかもしれません。
(上記の心のブレなどがそうです)

そこで、時に何もできない心理状態の時であっても、
自動でやっていくためのテクニックを行っていきます。

それは世界的にも効果ありと言われる2つの方法を駆使していきます。
if-then プランニングとスモールステップの2つは、誰にでもできて、どんなことにも効果があります。

もう2つも、やりたいことに必要になってくるPDCAと読書です。

また、これらの方法を実践する際に大きな役割を果たし、やりたいこと全般に関わってくるのが内省です。
内省は、自分自身や自己の内部に向けて深く考え、自己を分析することです。
これにより、行動の質を高め、さらに効果的にやりたいことへの原動力にできます。

テク1 if-then プランニング

「もし〜ならば(If)、私は〜をする(Then)」というルールを作り、自分自身を動機付ける方法です。
例としては、下記です。

  • 帰宅した時に、10分片付けをする。
  • 就寝前15分の読書。
  • 起床後15分の読書。
  • 車の運転後15分の読書。
  • 夕食前の軽い運動。

   

テク2 スモールステップ

大きな目標(やりたいこと)を小さなタスクに分割し、そのタスクを順番にこなしていくことで、
目標を実現していきます。

小さなタスクから始めるので、達成感を得ることも容易で、次に進む勇気や自信も生まれる効果もあります。
この効果が、大きな目標に直面した時の不安や恐れを和らげることができます。

スモールステップは、少しづつですが、確実に前進します。
何より、自己肯定アップに効果バツグンといえます。
読書の習慣の場合は一日5分から始めるがよいです。

テク3 PDCA

計画を立てて実行し、その成果を検証して改善していく方法です。
普段から留意していると行動の基本になります。

PDCAは表現方法の習熟、習慣化の補助テクニック、職業における活動、やる気や行動力の引き出し、ライフスタイルの改善に活用できます。

テク4 読書

読書は個人の成長や娯楽、学習の手段として幅広い役割があり、様々な場面で有効です。
そのため、あえてテクニックとして取り上げます。

読書を習慣化するためには、定期的に読む時間を設け、興味のあるジャンルや著者を見つけることが重要です。
さらに、それ以外のジャンルにも挑戦することで、知識の積み重ねによる独自の視点が養われ、多くの気付きを得ることができます。

内省

内省とは、自分の内部に向けて深く考え、自己を分析することです。
これは、自分の知識、経験、感情、思考、信念、価値観などを探求し、自分自身を含めた物事を理解しようとする過程でもあります。
様々な方法を自分に繰り返すことで、内省を深めることができます。
内省は、深さの程度に差はあれど、誰もが日常的に行っていることです。

内省している中で答えが出ないものは「悩み」といえます。
それは、今現在が立ち行かない状態といっていいでしょう。
まるでPCがフリーズしているような状態です。

これは、単純に悩んでいる状態の自分自身の視点が狭くなっているからです。
分からないことは、いくら内省を行っても分からないのです。

したがって、視点を広げるために、今現在の自分に必要な方法を選択し、実践していくのがよいです。
以下のような方法で内省を行い、答えを出すのに役立ちます。

  • 読書: 自分にはない知識を得るための方法の一つとして読書があります。
    読書を通じて新たな視点や知識を得ることができます。
  • 書くこと:日記やジャーナルのように日々の出来事や感情を書き留めます。
    これを見ることで自己分析がしやすくなり、書くことで思考が整理され、気付きが生まれることがあります。
  • 瞑想: 瞑想は心を静め、内なる声に耳を傾ける手段です。
    瞑想を通じて自己観察を行い、気付きや洞察を得ることができます。
    運動に特化したもの、呼吸法に特化したもの、問答に特化したもの、または混合した方法があります。
    最近ではマインドフルネスが普及しています。
  • 自問自答: 自分に向ける問いかけは内省の助けになります。
    なぜなら、「なぜそのように感じるのか?」「自分の目標や価値観は何か?」「やりたいことは何か?」といった質問に答えようとすることになるからです。
    自問自答は誰でも自然に行っていることであり、知識の獲得によって答えやすくなります。
  • 他者との対話:親しい友人、家族、あるいはコーチングの専門家との対話を通じて、他者の視点やアドバイスを受けることが内省に役立ちます。
  • 冒険:日常ではありえない経験をすることで、新しい視点や知識を得ることができます。
    リスクもあり、万人向きではありませんが、有意義な知識や経験を得ることができます。
  • アウトプット: 絵画、音楽、詩や文章などのクリエイティブな表現を通じて、感情や考え・世界観を表現し、それらから洞察を得ることができます。
    また、「目の前のやるべきことをやる」という行動に移すことも重要です。
    悩んでいる暇があるなら、行動を通じて悩みを解消することができます。
  • 研究法の使用
    • 質的研究法:主に言語や文化などの非数値的な要素を調査する手法です。
      身近な例としては、インタビューや現地での調査があります。
      それらによって自分自身や他者の経験を深く理解します。
    • 量的研究法:科学的なデータを分析する方法です。
      身近な例としては統計があります。
  • 思考法の活用:論理的思考、批判的思考、創造的思考を使って問題解決や自己分析を行うことができます。
    • 論理的思考: 論理的思考は、情報や事実を整理し、順序立てて考える方法です。
      論理的なステップに基づいて結論を導き出すことで、矛盾のない合理的な判断を行います。
      例えば、問題を細分化して原因と結果の関係を明確にし、それに基づいて解決策を考えることです。
    • 批判的思考:批判的思考は、情報や主張を客観的に評価し、その正確さや信頼性を判断する方法です。
      偏見や感情に惑わされず、論理的かつ公正に情報を分析します。
      例えば、ある主張に対して「その根拠は何か?」、「他に反論はないか?」といった質問をすることで、より深く理解し、適切な判断を下すことができます。
    • 創造的思考:創造的思考は、既存の枠にとらわれず、新しいアイデアや解決策を生み出す方法です。
      発想を広げるために、自由な連想や視点の転換を行います。
      例えば、「これまでにない方法で問題を解決するにはどうすればいいか?」といった問いを立て、様々なアプローチを試みることです。

   

6つ目 ミニマリズムで生活スタイルを確立する

   

心のブレを減らすために刺激物を減らし、生活環境を整えます。
つまり余分な物事を捨て、やりたいこと中心のライフスタイルの確立をしていきます。

これは、やりたいことの活動と並行してやっていきます。

参考にするのは、シンプルな生活を実践するミニマリストです。
ミニマリズムの考えでカテゴリ化されたミニマリストのタイプは、5つあります。

ミニマリストの5タイプ

5つのタイプとその他のタイプの解説です。

整理整頓タイプ

物の整理整頓に重点を置いて、部屋やスペースを整えることに喜びを感じるタイプです。
物を整理し(ときに事も整理)、必要なものだけを保持し、無駄なものを取り除き、理想の生活を追求します。

シンプリストとも言われます。無印マニアな面もあります。
ミニマリストで一番多いタイプではないでしょうか。

取捨選択タイプ

物事に対して冷静な判断力を持ち、必要な物事と不要な物事を適切に取捨選択することが、得意なタイプです。
物質的なものだけでなく、時間や関係性においても取捨選択を行います。

合理的でコストパーフォーマンスを第一に考えるタイプです。
令和の時代になって多くなっているタイプでしょう。

好きなことだけは別タイプ

自分が本当に興味や情熱を持っている物事にだけ時間やリソースを費やすタイプです。
他の要素を最小限に抑え、自分の興味のある分野に集中します。

一芸に秀でること、他は最小限、それを原則にします。
超特化タイプと言えます。
世間的には職人であり、野球人生とかの「〇〇人生」に近い生き方になります。

節約タイプ

無駄遣いや過剰な消費を避け、資源や財布を節約することを重視します。
必要なものを効果的に使い、浪費を最小限に抑えます。

節約生活が楽しいと思える人向きでしょう。
100円ショップ使い。

所有しないタイプ

物を所有することに執着せず、所有物を最小限に抑えることを重視するタイプです。
ミニマリストの中でも極端に少ない所有物で生活し、所有物の重荷から解放された状態を追求します。

世間一般のミニマリストはこのイメージかもしれないです。
ザ・ミニマリストと言えるでしょう。

その他捨て好きタイプ?

捨てる行為が好きで、それ自体が目的になった人。
これがミニマリストと呼んでいいのか疑問なので上記タイプから外します。

ミニマル化

どのモデルにするか

当ブログでは、3の「好きなことだけは別タイプ」をモデルにして、
やりたいこと中心のライフスタイルの確立を目指します。

好きなこと(テーマ)に関係ない物以外は最小限に抑え、好きなこと(テーマ)ができる環境にしていきます。(ミニマル化)
掃除ロボットを使えるぐらいに片付けるのが最初の目標です。

片付ける

パソコンデータ

パソコンデータはかさばらないので、ファイル名で検索できるようにはしておく。
確認後に処分するという作業は時間がかかるのでやらないほうがよいです。
必要になったら、データの中から探すとしましょう。

不用品の処分

好きなこと(テーマ)・自分の興味のある分野と生活するための必要最小限の物を残します。
残った物を不用品と判断し処分します。

不用品は、下記を利用して片付けていきます。

  • パソコン回収サービス
  • 軽トラック積み放題
  • 自治体のエコステーション
  • ネット出品

初心者必見!ヤフオクとメルカリの出品作業は、不用品を売る物としてネット出品していく記事です。

片付けの目標

お掃除ロボットが導入可能になるぐらい片付いた部屋が最初の目標になります。
その後は更に物の最小限化(ミニマル化)をしていき、やりたいことの妨げにならない環境を維持していくことです。

片付けのきっかけと習慣化は、片付けの記事です。

Q&A

   

Q1.好きなこと(テーマ)をやりたいが歳を取りすぎたと感じるがどうすべきか?

A.好きなこと(テーマ)の一部(特定の分野)に焦点を当て、それに特化したやりたいことを見つけるとよいでしょう。
これはブルーオーシャン戦略とも言えます。

特化して自分だけになるので、「何を今更」といった心の声も出てきません。
他人の意見に左右されず、歳を取りすぎたと感じなくなります。

「やらずにはいられない」と感じればよいです。

Q2.やりたいことに時間を割くためのアプローチは?

A.3つを例として挙げます。

  • 会社を辞める:一大決心をして会社を辞めることも一つの方法です。
    この時、リスクをよく理解し計画的に進める必要があります。
  • 意地でもやる(力技):あれこれ考えて、無駄に時間が過ぎていって時間がないと思ってしまう場合は、ただただ行動していく。
    何も考えないでノルマをこなしていく感じです。
  • スケジュールを組んで機械的に進める:経験者のアドバイスや関連の本を読んでスケジュールを組み、計画的に実行していくことです。
    失敗や上手くいかないことに対して悩むよりも、まずは実践してみましょう。
    上記の「意地でもやる」の計画的やる方法になります。

   

Q3. 自分でも分かっているどうにもならない悩みを減らすことはできますか?

A3. 悩みを減らすためには、自分がコントロールできることだけに集中すればよいです。

他人が決めたルールや自然のルールは、直接関与していない自分には変えられません。
「よそ者が、どうにかできる問題ではない」と思えばよいわけです。

それを無理に行おうとすると、現実との摩擦が生じる可能性があります。
自分の人生でなくなり、他人からも不審や不理解を招く可能性もあります。

したがって、自分ができることを見つけて、それをやっていくしかありません。
成功者と呼ばれる人たちも、自分がコントロールできることに集中しているのではないでしょうか。

自然界や他者が決めたルールの例

  • 企業の経営陣が決めるビジネス戦略や運営方針。
  • 政府や自治体が定める法律や規制。
  • 世界の情勢において、困難な状況に置かれている人々。
  • 自然現象や自然災害。

他にもQ&A系をまとめてあります。

こころがブレないようにする4つのこと

やりたいことの見つけ方とその実現へのガイドのまとめ

世の中にはあまりにも情報が多く、多くのことを知ることができます。
そのためなのか、ものごとには結果や答えがあると思い、それを行動する判断材料にしてしまいがちです。

それも世の中を上手に渡っていく1つの方法であるから間違いではありません。
しかし、成功が保障されないと何も出来なくなるという可能性もあります。

他にも準備準備と言って何もしない場合もあります。
こういった考えを持ってしまうと、やりたいことを探すのは大変です。

ではどうすればいいのでしょうか。
探すには、それが一番身近で誰にでも出来ることでなければなりません。

それが好きなこと・知っていることや経験から見つけることです。
なぜなら、自分が知っていて分かることなので、やり続けることができるからです。

好きなこと(テーマ)をやるのに、結果や答え・準備は関係ありません。
好きなことだからやる。
自分がこれだと作ったテーマだからやる。
これだけです。

そして、その好きなこと(テーマ)を他者に伝わるように表現したら、世の中に受け入れられるように働きかけます。
このことを職業化といい、その3つが揃って「やりたいこと」になりす。

さらに、それが人に喜ばれてると実感した時は、天職と感じるかもしれません。

そして、それらに並行してやっていくことは、やりたいこと中心の生活のための生活のミニマル化です。
自分の関心のある分野に集中し、それ以外の時間やリソースを最小限に抑えます。

理由は、やりたいことを自分の人生の軸にするのが目標だからです。
軸を持つことは、迷いが減少し、余計なことに困惑することなく生きるということにつながります。

世の中には、野球人生とか役者人生とかエンジニア人生という言葉があります。
目指すのは、そのような「〇〇人生」です。
当記事はそのようなライフスタイルの確立を目標にまとめた記事です。

〇〇人生→人生を振り返った時に「〇〇人生だった」と言うことがあります。
同じような意味で「〇〇道」というのもあります。

私の場合

私自身、ブログ記事に書いてある方法で好きなことが、やりたいことになりました。
現在は表現方法の習熟と職業化のへの道のりも見え、やりたいことがハッキリした状態です。
成功を収めたわけではありませんが、心はスッキリしています。

今は、やりたいこと中心のライフスタイルの確立の進行中です。
不要な物をネットで売却して整理するなど、スローペースではありますが、着実に実行しています。

参考

動画1:ミニマリスト種類5つ
書籍1:もっとやりたい仕事がある/池上彰著・監修
書籍2:今までにない職業を作る/甲野善紀著
書籍3:短期間で“よい習慣”が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術/メンタリストDaiGo著
書籍4:認知科学への招待/苫米地英人著
書籍5:すべてを可能にする数学脳のつくり方/苫米地英人著

書籍6:世界一簡単に目標がかなう成功脳の作り方/苫米地英人著
書籍7:自分を劇的に成長させる!PDCAノート/岡村拓郎著

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次