読書で自己表現を見つける|本が教えてくれる創造力の引き出し方

誰しも、自分らしさをどう表現するかに悩んだことがあるでしょう。
日々の生活の中で、自分の内なる声をどう形にすれば良いのかと考えたことはありませんか?
そんなあなたにとって、読書がその鍵となるかもしれません。

自己表現を豊かにするためのヒントはどこにあるのでしょうか?
「自己表現を高めたいけれど、どこから始めればいいのかわからない」と感じている人は多いはずです。
表現力や感性を育てる方法を見つけるのは簡単ではありません。

そんな悩みを解決する手段として、読書は非常に効果的です。
当記事では、読書が自己表現の基盤をどう築くのかを詳しく解説します。
読書を通じて得られる新しい視点や感情が、自己表現の力をどのように高めるかを探り、具体的な読書の楽しみ方や実践方法もご紹介します。

当記事を読むことで、自己表現を豊かにするための具体的な読書方法を知ることができます。
日常に取り入れやすい実践的なアプローチを通じて、自分らしさを効果的に表現する力を養うことができるでしょう。

自己表現に迷っているなら、まず読書を始めてみましょう。
日常に読書を取り入れることで、心が豊かになり、自然と自己表現の道が見えてくるはずです。
読書が新たな可能性を引き出すきっかけになるでしょう。

この記事で分かること
  • 読書について
  • 自己表現とは何か、その基本概念と重要性について理解できます。
  • 読書と自己表現の関係:読書がどのように自己表現を豊かにするのか、その理由やメカニズムについて知ることができます。
  • 自己表現を高めるための読書の選び方。
目次

読書と 自己表現について

読書について

読書は、知識の吸収だけでなく、感情や思考を豊かにし、自己成長を促進するための重要な行為です。
読書によって、他者の経験や価値観に触れることで、自分の視野を広げ、新しい視点を得ることができます。
物語や知識を取り入れることで心の栄養として役立ち、日常生活に豊かさと深みをもたらします。

また、言葉の使い方や表現方法を学ぶ貴重な手段としても役立ち、自己を表現する方法を探す手段の一つです。
自己をもっとも上手く表現する方法が見つかる可能性があります。

自己表現の基本概念

自己表現とは、好きなこと、興味や好み、感情、理想など様々な自己の内面を、口頭や記述言語・物を作る・行動などをして表現することです。

それは趣味、アートや文章、会話、活動、スポーツ、モノづくり、さらには態度やファッションなど、さまざまな形で現れます。

自己表現を通じて、自分自身を理解し、他者に伝えることで、人間関係やコミュニケーションが円滑になります。
これは社会に働きかけることであり、やりたいことにもつながります。

自己表現を高めるための読書の役割

読書を通じて得た知識や感情は、自己表現の重要な材料となります。
物語の登場人物に感情移入することで、自分自身の感情を認識し、それを適切に表現するスキルを育むことができます。

さまざまな文体や言語表現を学ぶことで、自分の思いをより豊かに、効果的に伝える力が養われます。
また、アートやモノづくりなど、さまざまな表現方法の可能性に気づくきっかけともなり、創造的な活動における新しいアイデアを生み出す助けにもなります。

自己表現から見た各ジャンル

書籍には様々な種類があります。

  • フィクション=文学・小説・漫画(一般小説、ミステリー、SF・ファンタジー、ロマンス、歴史小説、サスペンス、詩)※詩は異論があるかもしれません。
  • ノンフィクション(エッセイ、自伝・伝記、歴史・政治、科学・自然、ビジネス・経済、心理学、自己啓発)
  • 参考図書(辞書・百科事典、マニュアル・ハンドブック、習い事などの教書)
  • 芸術・美術(絵画・彫刻、音楽、演劇・映画)
  • 宗教・哲学(宗教書、哲学書)
  • 子供向け(絵本、幼児向け図書、ヤングアダルト小説)
  • 学術図書(専門分野の教科書、研究書・論文集)
  • 新聞・雑誌(日刊紙、週刊誌、専門誌)

自己表現から見た各ジャンルは下記のようになります。
ジャンル選びの参考にしてください。

  • フィクションとその効果:フィクションは物語を通じて、人間の感情や心理を探求する絶好の手段です。
    登場人物の経験に共感したり、自分自身を投影したりすることで、自己理解を深めることができます。

    異なる時代や文化の背景を持つ物語に触れることで、多様な視点を学び、自分の表現の幅を広げます。
  • 詩やエッセイがもたらす洞察:詩やエッセイは、言葉の美しさやリズムを楽しむと同時に、深い感情や洞察を得るための媒体です。

    これらのジャンルは、短い中に凝縮された表現や、内面を掘り下げた考察が特徴で、自己の感情や思考を言葉で捉えるためのインスピレーションを与えてくれます。

    詩的な表現や個人的なエッセイを通じて、自分らしい表現の方法を探ることができます。
  • ノンフィクションでの学び:ノンフィクションは事実に基づいた内容で、特定のテーマや領域に関する深い知識を提供します。

    自己啓発書や伝記、エッセイを読むことで、実際の経験や教訓を学び、それを自己表現のためのヒントとして活用できます。

    現実の出来事を通じて、自己の価値観や信念を再確認し、それを表現する力を養います。
  • 参考図書での知識とスキル:参考図書は、知識の体系的な整理や具体的なスキルの習得に役立つ書籍です。

    これらの資料は、事実や定義を確認するための信頼できる情報源として機能し、特定の分野について深く理解するための基礎を提供します。

    辞書や百科事典を利用することで、的確な言葉の選び方や広範な知識を得ることができ、自己表現の際に説得力のある語彙を使用できます。

    マニュアルやハンドブックは実践的なガイドとして、具体的な手順や技術を学び、スキルを磨くのに適しています。

    習い事の教書は、趣味や専門分野に関する知識を広げ、創造的な表現の幅を広げるための実践的な手助けとなります。
  • 芸術・美術がもたらすインスピレーション:芸術・美術に関する書籍は、絵画・彫刻、音楽、演劇・映画などの分野を知ることができる情報源です。

    これらに関した書籍は、創造力を刺激し、自分の芸術的な感性を育むのに役立ちます。

    芸術に関する知識を深めることで、自己表現の際に視覚的、音楽的、あるいはパフォーマンス的な要素を取り入れるきっかけになり、多様な方法での表現が可能になります。
  • 宗教・哲学での深い思索:宗教書や哲学書は、信仰や人間の存在、倫理に関する深い洞察を提供します。
    これらの書籍を通じて、自分の信念や価値観についての理解を深め、人生や自己に対する考えを深めることができます。

    宗教書はスピリチュアル的な視点から、哲学書は論理的な視点からそれぞれの問いに対する答えを探求する手助けをし、自己表現においても、より深い意味や価値を反映させることができます。
  • 子供向け書籍の豊かな想像力:子供向けの書籍は、成長期の想像力や感性を育む重要な媒体です。
    これらの書籍は、シンプルで理解しやすいストーリーやイラストを通じて、子供たちの創造力や共感力を刺激します。
    また、ヤングアダルト小説は、若い読者が自己を見つめ、他者との関係性を築く上での影響を与えます。
    子供の頃に培った想像力や感受性は、大人になってからの自己表現にも影響を与え続けます。
  • 学術図書の専門知識:学術図書は、特定の分野における深い知識や理論を提供する媒体です。
    専門書や研究書を通じて、学術的な視点から物事を分析する力を養います。

    これにより、複雑なテーマについての理解を深め、論理的な思考力を高めることができます。
    専門的な知識は、自己表現の際の説得力を向上させ、専門分野での自信ある発言をサポートします。
    こうした知識は、自分の意見を裏付ける根拠となり、表現をより確かなものにしてくれます。
  • 新聞・雑誌での最新情報:新聞・雑誌は、最新のニュースやトレンド、特定のテーマに関する深掘りされた情報を提供します。

    日刊紙や週刊誌から得られる情報は、現代社会の動向や時事問題に対する洞察を深めます。
    これにより、社会的な問題に対する意見を形成し、自己表現においても時事的な背景を考慮した発言が可能になります。

    専門誌は特定の分野に特化した情報を提供し、自分の興味や関心に関連する知識を深めるのに役立ちます。

  

読書をする

読む技術

読書には多くの技法があり、それを使いこなすことで、知識を深められます。
しかし、最初は難しく考えずに、できるだけ多くの本を普通に読むことをお勧めします。
代表的な読書の技法についても解説します。

多読

基本的な読み方は、全体の理解を意識しつつも、内容が完全に理解できない場合でも、そのまま読み進めます。
読み終えたら次の本を読みます。
同時に数冊を並行して読んでいく方法もあります。
理解できない場合でも、そのまま読み進めることは、下記で説明する素読に通じます。

こうして、多読していくことは、幅広いジャンルの本に触れることになります。

異なる視点からの情報に触れることが多くなることで、インプットも増え理解が深化します。
それにより、以前に読んだ本の理解度を高めることにもなります。

多読の効果

例えば、A本を読んで理解度が30%だったとしても、B本やC本を読むことで、A本の理解度が45%に向上することがあります。
異なる書籍を読むことで、以前に理解できなかった部分に対する気付きが得られ、結果として、全体的な理解が深まります。
このように、その時は理解できなかった本でも、多読を通じて、理解できるようになることがあります。

理解を自然に待つ

読書の内容の理解は自然に任せましょう。
自分のペースで進め、分からない部分があってもイライラせずに読み続けることが大切です。
無理をしても分からないものは分からないので、焦らずに自然の流れに任せることが重要です。

そして、読書を続ける中で、理解できなかった部分の「答え」が突然得られる瞬間があります。
「あっ!そういうことか!」と思わず心の中で声を上げるような気付きの瞬間です。
これは、よく言われる「点と点がつながる」という経験に似ています。

この「気付き」は、新たな知識に到達した証であり、新たな視点でもあります。
これにより、物事を考えたり判断したりする視野が広がり、物事を高い所から俯瞰する視座が得られます。
このような気付きは、自己表現の基盤ともなりえます。

他の技法

上記のようなプロセスを繰り返すことで、知識が深まり、自己表現のための基盤が強化されます。
さらにより効果を上げるために様々な読み方を試していくのもよいかもしれません。

読書には、さまざまな読み方のスタイルがあります。

以下はその一部です。

  • 黙読:声に出さずに読むこと。
    集中して読む際に適しています。
  • 通読:始めから終わりまで読み通すこと。
    全体像を把握するための読み方です。
  • 熟読:じっくりと内容を噛み締めながら読むこと。
    深い理解を得たい時に適しています。
  • 速読:短時間で多くの情報を把握する読み方。
    読書していくに従って身につくスキルといえます。
    (技術としてありますが、速読の訓練をして、何も分からない本をいきなり読んで理解するといったスキルではないです)
  • 再読:同じ本を何度も読むこと。
    理解を深め、記憶に定着させるために有効です。
  • 積読: 本を読むことなく積んでおく状態。
    後で必要な時に参照できるため、無駄ではありません。
    しかし、本の保管場所が必要になってきます。
  • 素読:声に出して読むこと。文章のリズムや構造を体感することができます。
    歴史的には記憶やリズムを重視して教育に用いられました。
    現代でも、音読することで内容の理解や記憶の定着に役立ちます。
    内容の理解が必ずしも求められない段階でも、反復して音読することで、次第に内容が自然に理解できるようになるとされています。

  

読書の準備

今から読む1冊あればよいのですが、準備しておけば2冊目以降楽に進みます。

  • 何を読むか?:読書は「何を読むか」で始まります。
    しかし、現代では最も効果的な本を選ぶことがもてはやされてもいます。
    理由は「人生を変えた本」が存在するからだと思います。

    しかしながら、実際に大量の本の中からそのような本を見つけ出すのは難しいです。
    なぜなら「人生を変えた本」は後になって初めて分かるものだからです。
    したがって、興味のあるテーマを選んで読み始め、それをきっかけにして他のジャンルを読むのが妥当かもしれません。
  • 興味のあるテーマを選ぶ:自分が興味を持っているテーマや突き詰めたいジャンルにもとづいて本を選ぶと、より読書への意欲が高まります。
    自分のことに関係ある内容の本なら楽に読めると思います。
  • 読書の環境を整える:静かで集中できる環境を整え、読書に没頭できる時間を確保しましょう。
    たまには、図書館にいくのもよいでしょう。
    絶版などの本が有るかもしれません。

    時間がない場合は、オーディオブックを聴くのもよいです。
  • 読みたい本リストを作る:気になる興味ある本をリストアップし、順番に読んでいくことで、読書の楽しみを維持できます。

    また迷った時は、ベストセラーを読むという選択肢もあります。
    これがきっかけで、世の中とのつながりを感じることができるかもしれません。

  

読書の習慣

読書はいかに習慣化させるかが重要です。
習慣化の方法を試みて、「読書しない自分はありえない」と思えてしまうなら習慣化したといえるでしょう。
以下が、読書の習慣化の3つの工夫です。

日常生活に無理なく取り入れる

  • 文庫本一冊を持ち歩き:どこへ行くにも文庫本一冊を持ち歩き、少しずつ読む。移動中や待ち時間を活用し、気軽に読書を楽しむことができます。
  • 積読: 本を見えるところに置き、読む気を誘う。
    視界に本があることで、自然と読書への意欲が高まります。
  • 風呂やトイレを読書空間にする:リラックスできる空間で読書を楽しむことで、負担なく本の内容に集中できます。
  • スキマ時間を使う:通勤時間や待ち時間を有効活用し、短時間でも継続的に読書を行います。

時には、意地でも分厚い500ページの本を読むことも挑戦してみましょう。
ただし、これは読書が苦痛になってしまう可能性があるため、特に自分にとって関心のない内容や興味のない本では避けたほうが良いかもしれません。
しかし、「毒薬変じて薬となる」ということわざがあるように、挑戦する価値はあります。
なぜなら、困難な本を読み切ることで得られる妙な自信が、次への意欲を高め、読書習慣を身につけるきっかけになることがあるからです。

習慣のマジックナンバー4

巷には「100日英語」や「100日〇〇」「3か月〇〇」といったタイトルの本が多く見られます。
基礎を学ぶために必要な期間として100日前後が選ばれているのかもしれません。

実際に、これに近い考え方として「習慣のマジックナンバー4」があります。
これは、やりたいことを「週4回以上のペースで8週間続ける」と習慣化しやすいというものです。

週4回以上のペースとは、例えば、120分の筋トレを60分×2日行うよりも、30分×4日の方が効果的であるという考え方です。

ロンドン大学が96人の学生を対象に行った調査では、様々な行動を設定した結果、50~60日でその行動が習慣化しやすいことが分かりました。
これを読書にも応用すると、「習慣のマジックナンバー4」に従って56日以上続けることで、読書が習慣化する可能性が高まります。

具体的には、例えば、週20分×4日の読書時間や、空いた時間を利用して毎日12分間程度の読書を8週間続けることが挙げられます。

if-then プランニング

if-then プランニングは、自動的に行動を習慣化させるための手法です。
自分自身に「もし〜ならば、私は〜をする」というルールを設定することで、行動の動機付けを行います。
具体的な行動計画を立てることで、目標達成への道筋が明確になり、自己効力感を高める効果があります。
読書時間の確保にも非常に有効なテクニックです。

  • 例1:用事が済んで車の座席に座ったら、一息つく5分間の読書をする。これは一日に何回か繰り返すことができます。
  • 例2:朝、昼、夕方、就寝前など、決まった時間に読書する。

  

アウトプット

一番最初にやる自己表現になります。

書くこと

読書感想文を書くことで、読んだ内容を自分なりに整理し、他者に伝える力を養うことができます。
感想文では、単なるあらすじではなく、自分が感じたことや考えたことを中心に書くことが重要です。
具体的な例や引用を使いながら、どのように感じたか、どう自分に影響を与えたかを表現してみましょう。

読書会やオンラインディスカッションへの参加

読書を通じた自己表現をさらに深めるためには、読書会やオンライン上のディスカッションに参加することも効果的です。
他者の意見や感想を聞くことで、自分の考えを客観的に見直すことができ、新たな視点を得ることができます。
また、自分の意見を発表することで、言葉での表現力やコミュニケーション能力を高めることができます。

Q&A

Q:どうしても習慣にできない場合はどうすればよいですか?

A:読書を習慣化するためには、無理なく始められるステップを取り入れるのが効果的です。

例えば、「本を開くだけ→1分読む→5分読む→10分読む」といった具合に、徐々にステップアップしてみましょう。
これは「スモールステップ」という技法です。

スモールステップとは、大きな目標を小さなタスクに分割し、順番にこなしていくことで目標を実現する方法です。

小さなタスクから始めることで達成感を得やすくなり、次に進む勇気や自信が生まれます。
この達成感が積み重なることで、大きな目標に対する不安や抵抗感が軽減され、読書が次第に習慣化されるでしょう。

また、読書の時間や場所を決めてルーティンに組み込むことも効果的です。
朝のコーヒータイムや寝る前のリラックスタイムなど、日常の一部に組み込むことで、自然と読書が日課になっていきます。

自分に合った時間や場所を見つけ、少しずつでも読書を続けることが重要です。

Q:「読書よりも体を使って経験を積むべきだ」という意見はどうですか?

「読書よりも体を使って経験を積むべきだ」、「本は読まなくてよい」という意見を聞くことがあります。
しかし、読書も一つの重要な「経験」です。
読書を通じて得られる知識や視点は、直接の体験と同様に豊かであり、時にそれ以上に有益です。

さらに、読書の利点として、幅広い知識や多様な視点を短時間で得られることが挙げられます。
読書は実体験を補完し、さらなる理解を深める手助けとなります。
たとえ誰かが「読書は不要」や「本は読まない」と言っても、その人の意見が自分にとって最良の選択とは限りません。
多くの成功者や専門家も読書の価値を認めていることから、読書は自己成長やスキル向上に欠かせない要素です。

重要なのは、読書と体験のどちらか一方に偏るのではなく、両方をバランスよく取り入れることです。
他人の意見に左右されず、「そういう意見もあるけど、自分は読書を続けよう」と、自分のスタイルを尊重することが大切です。

まとめ

読書は自己表現の土台を築く上で欠かせない要素です。
フィクションやノンフィクション、詩やエッセイなど、さまざまなジャンルの本を読むことで、自分自身の感情や思考を深く理解し、表現する力を育むことができます。

また、好きなことや、やりたいことに気付くきっかけにもなります。
日々の読書習慣を取り入れ、読書感想文を書いたり、読書会に参加するなどの実践方法を取り入れて、自分らしい自己表現を追求してみましょう。

参考書籍
短期間で“よい習慣”が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術 メンタリストDaiGo著

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次